広背筋の肋骨部

広背筋の肋骨部をもみほぐしていきます。

ここです。

「ボディ・ナビゲーション(医道の日本社刊)」から、写真で撮らせていただきました。

肩甲骨の下角から下方の肋骨の部分に付着しています。

ここを触れていきますと、肋骨との間で、コリコリ・ゴロゴロとした手触りのコリを触れることができます。

ここをもみほぐすと、首の可動域が改善されます。

広背筋と首の可動域との関係

その方は、首を左に倒すと、可動域制限、突っ張り感がでます。

また右の腕の結帯動作にも少々窮屈間がみられましたので、この結帯動作の改善を狙って、広背筋の肋骨部をもみほぐしてみました。

すると、結帯動作も改善されたのですが、首の側屈の可動域制限解消されてしまいました。

こんなことが起こったと考えることができそうです。

広背筋は上腕・腕を内旋、内側にねじる働きをします。

ですから、広背筋にコリができると、自ずから、上腕・腕が内側にねじれてしまいます。

上腕・腕のねじれは、そのまま肩甲骨のポジションにも影響を与えます。

肩甲骨が外側に引っ張られる(外転)とともに、上腕の水平内転方向にもポジションを移すと考えられます。

早い話が、猫背になり、肩が前に入った姿勢ができあがります。

肩甲骨には首と接続する筋肉がいくつかあります。

例えば、肩甲挙筋であり、体表をおおう僧帽筋です。

肩甲骨が外側に引っ張られる(外転)とともに、上腕の水平内転方向にもポジションを移動するとなると、

首と肩甲骨との距離がひきのばされてしまいます。

こうなっては、首は動くことができなくなり可動域制限が出現してしまいます。

このような現象がこの方に起きていたのだと推測されます。

ですから、右の広背筋の肋骨部をもみほぐすことで、

肩甲骨のポジションが正常なポジションにもどり、

首の左側屈で出現していた可動域制限も解消されることにつながったにちがいありません。

首の可動域制限、肩関節の可動域制限、四十肩・五十肩の方には、欠かせない「もみほぐし」のポイントといえましょう。